ブログ

【超重要】サイト移行のお知らせ

日頃ご活動している皆様。そして僕のブログを渋々読んでくださっている皆様。
お疲れ様ですハリーです。

訳あって、勝手ながらサイトを移行させていただきました。
下記にボタンから新サイトに飛べます。

移行先は始めたばかりなので、このサイトよりも見にくい部分もあると思いますが、見ていただけたら5mほど飛ばせていただきます。

これからも毎日投稿を続けていきますのでよろしくお願い致します。

いつも本当に閲覧して下さる皆様感謝しています。これからも毎日投稿続けていきますので宜しくお願いします。

【完璧なオーパーツ】アンティキティラ島の機械

こんにちは。ハリーです。

今日も通勤電車の波に揺られながら執筆しています。

今回はオーパーツシリーズ「アンティキティラ島の機会」について解説していくぅ。

腐敗していた機械

Wikipedia

1901年。考古学者のヴァレリオス・スタイスはアンティキティラ島の沈没船から、ある機械を発見した。

発見した当初、多くの学者は「これはガラクタだろう」と言い切っていた。

しかし、この機械の81個の腐敗していた部品の解析が進むと、その驚きの全貌が明らかになった。

あれ今日前説カッコよく紹介できてる…?

機械の正体

2006年11月。数十年の時を経て、この部品の謎が解明されました。

解析が進みこの機械は紀元前100〜150年に作られた事が分かり、更に天体運行を計算するための古代ギリシアの歯車機械という事が判明した。

その恐るべき精度

この機会にはディスプレイが三つあり、一つは全面に、残りの二つは裏面にあります。

その役割は、一つの針は「日付」を、残りの二つは「太陽と月」を表しているというロマンチストの塊みたいな機械。

また他にもオプション的な機能があるのでリストアップします。

  • 365日のカレンダーが見れる
  • 12星座が表示されている
  • 当時判明していた5つの惑星の軌道が示されている
  • 日食や月食の予測可能
  • オリンピアというイベント開催期間のカウントダウン機能

もはや凄いというより怖いレベルの科学力。

誰が作ったの?

まぁ、1番気になるのがそこですよね。

古代ギリシア時代に作られたとして、当時の天文学者である「ヒッパルコス」が有力候補になっているが、「アルキメデス」や「ポセイドニオス」等も候補としてあがっている。

しかし、それにしても人間が作ったにしては1800年代の技術と遜色なく、その構造が完璧である事から「宇宙人説」も唱えられている。

古代の技術力

もしこれが、当時の人間が作ったとされるならばトンデモない話である。僕が前回紹介した
シュメール人を筆頭に古代人の技術力の高さが伝わる。

僕は古代の方々の方が文明力は高いと感じており、現代に存在していたらApple Watchなんて300年ほど前に作っていた気がする。

しかし、この記事を書いて1番驚いたのは「イラストや」にアンティキティラ島の機械の素材が存在した事でした……(真面目に見ていた方オチこんなんですいません笑)

【作成者は悪魔?】ギガス写本

こんにちは。ハリーです。

ブログの方を毎日投稿を続けています。

今日は中世に「悪魔によって作成された」と言われる伝説の本「ギガス写本」を紹介していくぅ。

類似記事として「ヴォイニッチ手稿」の方も読んでいただけたら嬉しいです!

巨大すぎる聖書

名前負けしないデカさ

この写本は13世紀初め、ボヘミアのベネディクト会の修道院で作られたとされます。
※ベネディクト会→修道士の団体

また、中には悪魔の大きなイラストがあり、この本の制作過程の伝説により「悪魔の聖書」とも呼ばれています。

高さ92cm、幅50cm、厚さ22cm、重さ75kgであり中世の書物の中では最大のものとされています。

そりゃそうやろ。重さ75kgてハリーの体重(生ハム3枚分)の約15倍なんだから。ね?

悪魔が執筆?その伝説とは

これは中世期に伝わる伝説です。

この写本は修道僧の誓いを破り監禁されていた修道僧であり、そこで刑罰として「修道院を永遠に称え、全ての人類の知識を集めるべく、この本を一晩で作ることを誓う」と行ったものでした。

「いや。無理やろ普通に考えて。」と世界中からツッコミが飛んで来そうです。

そしてハリーの予言通り、真夜中頃になって誓いを守れないことを悟った修道僧。

そして彼は神ではなく堕天使ルシファーに「終わんないから私の命と引換えにこの宿題を終わらせて欲しい…」と願い、気づけば命がけの宿題となっていました。

そして修道僧は感謝の意を示すために悪魔の絵をこの本に追加しました。それがこちらです。

とこの様な伝説です。真面目に紹介しようと思ったのに、修道僧の完璧なボケに脳が反応してしまった…

ギガス写本の歴史

少し脱線しましたが、この本の歴史を簡単に紹介します。

  • 悪魔によって作成
  • シトー会の修道僧に渡る
  • ベネディクト会修道院が買い戻す
  • 1477-1593までブロウモフの修道院の図書館に保管される
  • 1594年プラハに持ち去られ、ルドルフ2世のコレクションになる。
  • 1684年スウェーデン軍が戦利品として確保
  • 1649-2007年までフラストの博物館で保管
  • 現在スウェーデン国立図書館で保管

ヴォイニッチ手稿もそうですが、書物って何故こんなにたらい回しにされるのでしょう…

悪魔の本の真相

現在の研究で確実に判明したことが、この本を作成するまでに少なくとも20年はかかるということです。

また、刺繍が使用されているページもあり、かなり高度な技術で書かれていることも明らかになっています。

僕は基本的にオカルトな説を信じるタイプなので、このデカイ本を作ったのは悪魔という説を推しています。(ツッコミどころ満載だが)

てな訳で、今からギガならぬ「テラス写本でも書くかな」

【人魂?】コロラド州の奇妙なオーブ

こんにちは。ハリーです。

最近の晩御飯はカニカマというマニアックな食材をチョイスしています。

今日はアメリカコロラド州で発見された奇妙なオーブについて説明していくぅ。

とある家族

1990年初頭、アメリカのコロラド州にとある家族が移住しました。

その後、彼らに様々な超常現象が起こりました。

  • キャンプから帰って来ると家具の位置があからさまにズレている。
  • 家の周辺から奇妙な音が聞こえる。
  • 家の外で不気味な人影を見る。
  • 確かめようとした時、監視カメラに謎の物体が映る。

僕なら間違いなく1日で引っ越します。

奇妙な動きをするオーブ

先程、リストの最後に監視カメラに謎の物体が映ると記載しましたが、それが今回のオーブの正体です。

まずは実際の映像をご覧下さい。

まるで、霊が人魂になって動いてるくらい軽々しています。

この時、オーブってアニメとかゲームにしか出て来ないと思ってたので驚きです。

様々な検証

学者達は揃ってこの奇妙な現象の解析に取り組みました。

様々な意見があり「霊現象」や「自然現象」などが上がりましたが、その中でも
「セントエルモの火」説が浮上しました。

「セントエルモの火」とは尖った物体が静電気などにより「コロナ放電」を起こし青白い発光現象を起こすといったものです。

しかし、「セントエルモの火」は悪天候で尚且つ火山の噴火や落雷で起こる物なので当時の条件に合わず否定されました。

仮設を立てて推測するの僕は大好きなので、是非様々な説を検証している
バミューダトライアングル」もご覧ください。

果たして正体は…

当時1990年代、初頭の「カメラ性能の問題では?」と言う意見もあるが、オーブが半円状に動いたり不規則に動いているので証明が出来ません。

僕も小学生の頃お墓の近くで「青い火の玉」を見た事があるので、僕は何らかの霊現象であると信じています。

現在も様々な議論が行われているので、もしこのオーブが自然現象で作れる物であったとしたら
是非欲しいですね。(オチが雑なのは本人が一番分かっています)

【宇宙からの使者?】シュメール人

こんにちは。ハリーです。

今日は紀元前に存在していた謎の種族、シュメール人について解説していくぅ。

youtubeも初めたのでまだ動画見てない人は見てあげて下さい!
(固定ページの「各種SNS」からボタンクリックで飛べます)

謎多きシュメール人



※完全一致

紀元前3500年頃に存在し、語学や農業を独自の文明で築き上げ生活していたという。

このシュメール人が、当時の文明を爆発的に発達させていったのですが、最大の謎として
未だにどこから現れたのかが分かっていないのです。

シュメール人の功績

ここで、先程紹介したシュメール人の功績を簡単にリストアップしてみます。

  • 1分は60秒、1時間は60分という60進方を作る。
  • 最小公倍数の概念を作る。
  • のこぎり、斧、宝石など多くの物を製造する事ができる。
  • 当時肉眼では見えない天王星、海王星、冥王星の存在を知っていた。
  • 初めて文字を持った民族。

紀元前にこれほどの文明力…もはや同じ人間とは思えないですよね。

シュメール人と日本人

謎多きシュメール人ですが、実は後の日本人なのではないかと言われています。

そちらの解説も情報が多いのでリストアップします。

  • シュメール語と日本語はよく似ていて共に膠着(こうちゃく)語を使用している。
  • 日本の皇族の紋章である「菊花紋」をシュメール人の王朝も使用していた
  • 三種の神器をシュメール人も持っていた
  • シュメール人の神話と日本の「天孫降臨」と内容がほぼ同じ

もちろん、これらのルーツはシュメール人の方が全て先に行っていました。

この事から、日本人はシュメール人に文明を教わり発達したのではないかと言われています。

もはや神の領域

ここまで紹介してきたシュメール人ですが「紀元前」という大昔に天文学や沢山の種類の道具や物を作る能力、また医学や語学の恐ろしく高度な発達状態から

シュメール人は神や異星人であると同時に地球を作ったとも本気で考えられています。

確かにこの文明力を考えれば…と僕も納得の回答です。

あなたはこれを見てもシュメール人が一般の地球人だと思いますか??

今日の紹介はここまでです!